2009年02月04日

徳を磨き優れた人間に達するには、恩師と友益の助けによるところが多い

徳を成し材を達するには、師恩友益多きに居り。
故に君子は交游を慎む。


徳を磨き優れた人間に達するには、恩師と友益の助けによるところが多い。ゆえに君子は人との交流は慎重に行わねばならない

吉田松陰

月刊『致知』2009年1月号 特集テーマ「成徳達材」
小田村四郎氏(拓殖大学顧問)の記事より
http://www.chichi.co.jp/monthly/200901_index.html


この言葉は、吉田松陰が記した武士の心得、「士規七則」(しきしちそく)にある言葉です。

吉田松陰が松下村塾において学問を教えたのは、わずか2年余。
しかし、その短い期間で明治維新の原動力となる優秀な人材を数多く輩出しました。

拓殖大学元総長で、吉田松陰の姻戚に当たる小田村四郎氏は、松陰が多くの優れた人物を育てることができた理由として、松陰の中に、弟子とともに学ぶ姿勢、教えることで自らも成長しようとする姿勢があり、この姿勢に弟子たちも強く惹かれたことが大きい、と述べておられます。

そこには、例え短い間とはいえ、師と弟子の魂の交流とも言うべき濃密な時間が流れていたことでしょう。

我流ではどうしても限界があります
よき人々との交流を持つことによって、自分の可能性は大きく開かれることを松陰も説いています。自分の人生における目的を改めて確認し、よき師、よき友に学び少しでもその目標に近づいてゆきたいものです。

吉田松陰一日一言―魂を鼓舞する感奮語録

致知出版社
売り上げランキング: 7885
おすすめ度の平均: 5.0
5 現代に求められる吉田松陰の「志と誠」
4 凄くよい
5 死を目の前にしても、たじろがず信念を貫いた士
5 魂にジンジン響きます。
5 魂を鼓舞する名辞366句



■成幸意欲の高く、かつ香川県まで来られる方々へ

有限会社プラスカムでは、2008年10月より、教育・人材事業の第一弾であるセミナー開催リクエストシステム「温故知新.jp in 香川」をβ版スタートしました。

有名な講師を設定されたリクエストが集まれば、香川でセミナーを開催するしくみです。
それよりも、大切なことは、学びたい人と教える人、学びたい人同士の波動の高まる空間を創り出し、そして刺激を受け、心豊かな人=成幸者を輩出していきたいという想いです。

まずは、会員登録してみて下さい。
そして、出来ましたら、呼んでみたい講師のセミナーにリクエストしてみて下さい!(希望者が集まれば、実際に講師が香川に来てくれます。そしてあなたが成幸者に近づきます)

成幸者が集うサイトでありたいし、実際に香川のさまざまなところでお会いしましょう!

Change」1文字変えれば「Chance
Yes we can
posted by yonep at 13:38| Comment(0) | 吉田松陰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

自己を磨き、人間力を高めるために大切な “3つの実践”

吉田松陰の私塾である“松下村塾”は、時代を変えるような高い人間力をもった人材(リーダー)を多く輩出しましたが、松陰が塾生たちに繰り返し推奨したのは次の3つでした。

・志を立てること(立志)
・書物を読むこと(読書)
・友を選ぶこと(択友)


心を奮い立たせるような志を持ち人間力を高めるような本を読みおたがいの人間性を磨き合える仲間と付き合う

たしかに、この3つを徹底すれば、人間力は高まり、人間性も磨かれていくに違いありません。人生の充実度もますます高まっていくでしょう。

吉田松陰名語録―人間を磨く百三十の名言
川口 雅昭
致知出版社
売り上げランキング: 36905
おすすめ度の平均: 5.0
5 教育者として、耳の痛い言葉を
5 的確な抜粋
5 吉田松陰のエッセンスが学べる





■成幸意欲の高く、かつ香川県まで来られる方々へ

有限会社プラスカムでは、2008年10月より、教育・人材事業の第一弾であるセミナー開催リクエストシステム「温故知新.jp in 香川」をβ版スタートしました。

有名な講師を設定されたリクエストが集まれば、香川でセミナーを開催するしくみです。
それよりも、大切なことは、学びたい人と教える人、学びたい人同士の波動の高まる空間を創り出し、そして刺激を受け、心豊かな人=成幸者を輩出していきたいという想いです。

まずは、会員登録してみて下さい。
そして、出来ましたら、呼んでみたい講師のセミナーにリクエストしてみて下さい!(希望者が集まれば、実際に講師が香川に来てくれます。そしてあなたが成幸者に近づきます)

成幸者が集うサイトでありたいし、実際に香川のさまざまなところでお会いしましょう!

Change」1文字変えれば「Chance
Yes we can
posted by yonep at 20:16| Comment(0) | 吉田松陰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。