2008年11月26日

いま、目の前のことを一つひとつ確実にこなしていく中で道はひらけていく

自分の心、目さえ曇らせずにいれば、暗闇の中にも必ず明るい展望を見出し、よき人物とも縁を結んで道をひらくことができる。

牛尾治朗(ウシオ電機会長)

月刊『致知』2008年12月号 
〜「巻頭の言葉」より〜
http://www.chichi.co.jp/monthly/200812_index.html

わが人生に刻む30の言葉
牛尾 治朗
致知出版社
売り上げランキング: 20439
おすすめ度の平均: 4.5
4 「そう簡単に分かってしまっては困る」(本文から)
5 壷中(こちゅう)有天。
5 人生の教科書


アメリカに端を発した金融不安が世界に広がり、日本経済の先行きにも暗雲がたれ込めています。

江戸時代の儒者・佐藤一斎は、
一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。只だ一燈を頼め

という言葉を残していますが、この時期、真に頼みになる自己を確立していくことの大切さを痛感させられます。

牛尾氏は、生前懇意にされていたリコー元社長・舘林三喜男氏の言葉をひきながら、この時期大切なことは、まずは目の前にあることを一つ一つ片付けていくことに尽きる、と説いています。

人間には過去というものはすでになく、
また、未来はわかりませんよ。
あるのは今、現在だけなんです


いま、目の前のことを一つひとつ確実にこなしていく中で道はひらけていく
過去を悔いず、未来を憂えず、きょう現在を精いっぱい生きてゆきたいものです。

男たちの詩
男たちの詩
posted with amazlet at 08.11.26
牛尾 治朗
致知出版社
売り上げランキング: 30239
おすすめ度の平均: 5.0
5 文学的





■成幸意欲の高く、かつ香川県まで来られる方々へ

有限会社プラスカムでは、2008年10月より、教育・人材事業の第一弾であるセミナー開催リクエストシステム「温故知新.jp in 香川」をβ版スタートしました。

有名な講師を設定されたリクエストが集まれば、香川でセミナーを開催するしくみです。
それよりも、大切なことは、学びたい人と教える人、学びたい人同士の波動の高まる空間を創り出し、そして刺激を受け、心豊かな人=成幸者を輩出していきたいという想いです。

まずは、会員登録してみて下さい。
そして、出来ましたら、呼んでみたい講師のセミナーにリクエストしてみて下さい!(希望者が集まれば、実際に講師が香川に来てくれます。そしてあなたが成幸者に近づきます)

成幸者が集うサイトでありたいし、実際に香川のさまざまなところでお会いしましょう!

Change」1文字変えれば「Chance
Yes we can
posted by yonep at 19:05| Comment(0) | 牛尾治朗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。